総合理工学科 物理学系

  総合理工学科 物理学系

実験と理論の両輪で基礎を築き
社会の発展に寄与する物理学人材を養成

物理学はあらゆる科学的技術の根幹となるもの。物理学系では、無限に広がる宇宙から肉眼では見えない素粒子まで幅広い領域を探究。4年間をかけて「物理学の知識を活かす知恵」を磨き、さまざまな分野で活躍できる人材を育てます。

卒業後の主な進路

  • コンピュータ関連・エンジニア
  • 電力・エネルギー
  • 製造業(理科実験機器、電気電子部品、食品など)
  • サービス業
  • 中学校教諭(数学・理科)
  • 高等学校教諭(数学・理科)
  • 大学院

ココがスゴイ!物理学系

ココがスゴイ!物理学系

第一人者のもとで宇宙・天文学を学ぶ

JAXAの元宇宙科学研究本部長 井上一教授による「天文学I・天文学II」、宇宙論研究の世界的な第一人者 佐藤勝彦客員教授による「宇宙論」など、宇宙・天文学関連の講義が充実しています。

本格的な天文台を完備

大学構内の天文台には40cm反射望遠鏡や冷却CCDカメラなど、本格的な観測装置を完備。これらを用いて天体の観測、研究ができます。講義「天体観測」では天文台での観測実習を行います。

中高教員免許(数学、理科)が取得可能

最先端の科学知識と高度な専門性、科学の深い素養を身につけることで、中学校・高等学校の数学と理科の教員免許を取得できます。

さまざまな事象を科学的に捉える力を修得

観察や実験結果の考察から規則性を見出したり、因果関係をもとに結果を予想するなど、さまざまな事象に対する科学的な思考や態度を修得。社会分野や人文分野にも役立てられます。

Student’s Voice

Student’s Voice

教師になって、理工学や物理学、宇宙の魅力を子どもたちに伝えたいです。

星や宇宙に興味があったのと、教員免許が取得できることから、この学系を志望しました。初歩的なことから学ぶことができ、わからないことがあれば先生が丁寧に教えてくださるので、楽しく授業を受けることができます。天体観測では、肉眼では確認できない小さな星々も見ることができ、天体望遠鏡の素晴らしさを実感しました。在学中にできるだけ多くの知識と経験を積み重ねて、子どもたちに理工学のおもしろさや物理学の奥深さ、果てしない宇宙の魅力を伝えたいと思っています。

  • 住谷 くるみさん 理工学部 総合理工学科 物理学系 3年(取材当時)
  • 神奈川県立上溝高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

プロジェクトI

小中学生向け科学体験教室の企画から指導までを実践します。

理工実験実習II

広く充実した実験室で、理科系の基本を習得します。