総合理工学科 電気電子工学系

  総合理工学科 電気電子工学系

プロフェッショナルな教員による質の高い教育で、
幅広い知識をもつ技術者を養成する

電気電子工学系では、電磁気学と電気回路学の学習にはじまり、コンピュータ操作などの基本技能を習得。電力システム、情報と通信、制御などの理論と実際を学びます。考える力を養成することで真の力を身につけ、広く社会で役立つ人材を育成します。

卒業後の主な進路

  • 製造業(電気電子部品、自動車、機械、医療・薬品、食品など)
  • 電力・エネルギー
  • 放送・通信
  • 建設・土木
  • 交通・物流
  • 中学校教諭(数学)
  • 高等学校教諭(数学・工業)
  • 大学院

ココがスゴイ!電気電子工学系

ココがスゴイ!電気電子工学系

モノづくりの明星電気電子

1年の「理工実験実習Ⅱ」ではデジタルテスターを手づくりすることにはじまり、Arduinoのボード、PICボードの製作とプログラミングを実施するなど、モノづくりの魅力を体感できます。

資格取得の明星電気電子

電気主任技術者、電気工事士、電気通信主任技術者など、資格がないと携われない業務が世の中にはたくさんあります。本学系では夏休みに特別講座を開設し、資格取得を強力サポートします。

就職の明星電気電子

建設・機械・土木・情報、すべての分野で電気電子の知識が求められます。本学系の卒業生は、例年大手企業に数多く就職し、就職率は毎年ほぼ100%。卒業生は各業界で活躍しています。

研究の明星電気電子

本学系には各分野でトップクラスの教授陣が揃っています。研究室配属のある3年生後期から卒業までの1年半、教授のもとで学び、学会発表などを経験することでエキスパートをめざします。

Student’s Voice

Student’s Voice

さまざまな実験・実習を通じて、自ら考える習慣が身につきました。

電気電子工学系の授業では、実験や実習、そしてレポートを書く機会がたくさんあります。1年生の頃は毎週のようにレポートの提出があり大変でした。しかし、実験は結果を出して終わりではなく、その結果が何を意味しているのか、なぜその結果になったのかをレポートにまとめることで「自ら考える力」が身につきました。卒業後の進路については、インターンシップなどに積極的に参加して、電気電子工学系での学びを活かせる仕事に就きたいと思っています。

  • 三輪 健太さん 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 3年
  • 東京都立成瀬高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

理工実験実習II

電気電子の基本技術を学びます。

プロジェクトIII・IV

身の回りのエレクトロニクス技術を学びます。