総合理工学科 生命科学・化学系

  総合理工学科 生命科学・化学系

実験を通じて化学の法則を学び
現代化学の新たな担い手を育てる

バイオや医療、環境、情報、材料など、現代化学の基盤となる化学。生命科学・化学系では、機能性物質、医薬品、新素材の開発や生命現象の解明をテーマに研究します。理工学の知識と技術を習得し、さまざまな分野で活躍できる技術者・研究者を育てます。

卒業後の主な進路

  • 製造業(化学、製薬、食品など)
  • コンピュータ関連
  • 公務員
  • 中学校教諭(数学・理科)
  • 高等学校教諭(数学・理科)
  • 大学院

ココがスゴイ!生命科学・化学系

ココがスゴイ!生命科学・化学系

化学と生命科学をともに学べる

化学と生命科学には境界領域の分野もあり、明確に分けられない場合があります。生命科学・化学系では、分子生物学を中心とした生命科学と化学、および境界領域の分野をともに学べます。

充実した学習・研究環境

遺伝子組換え実験用のP2実験施設、生物科学実験用の低温実験室、DNAシーケンサーや核磁気共鳴、質量分析計などの大型測定機器を含む各種分析室など、最新設備を使い研究活動が行えます。

多種多様な研究室

本学系には10の研究室があり、各研究室では光触媒化学、超音波化学、錯体化学、有機合成化学、生物有機化学、生体触媒化学、構造生物学、分子生物学などさまざまな分野の研究が行えます。

教員志望者を支援

本学系では、中学校教諭一種免許状(数学・理科)、高等学校一種免許状(数学・理科)を取得することが可能。また、所定の選択科目をすべて履修すると工業高校の教員免許状も取得できます。

Student’s Voice

Student’s Voice

苦手だった化学もだんだん好きになり、化粧品業界をめざすまでになりました。

生物と化学の両方を学べるというのがこの学系の最大の特長です。もともと私は化学が苦手でしたが、興味をもっていた生物を深く学ぶには化学の知識も必要になるので、詳しく勉強できる点はとても助かっています。また、先生方との距離も近く、わからないことは気軽に質問できる環境もうれしいです。将来は化粧品業界への就職も考えていますが、これも化学がだんだん好きになってきたおかげです。ここで学んだことは知識だけで終らせず、社会で役立てたいと考えています。

  • 橋本 陽夏さん 理工学部 総合理工学科 生命科学・化学系 3年(取材当時)
  • 神奈川県立相模原高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

化学・生命科学実験Ⅰ

生化学分野の基本的な実験操作法を習得します。

化学・生命科学実験IV

実験における操作や考え方を身につけます。