心理学科

  心理学科

自ら考える力と多様な人間理解をもって
現代社会で活躍できる人材を育成

現代社会を生き抜くためには物事を自分で考える力と、多様な人間の理解が重要です。心理学部では常に新たな状況に対応するために必要な応用力=実践的教養としての心理学を教え、「科学的な思考」と「バランスのとれた人間観」を備えた人材を育てます。

卒業後の主な進路

  • 市役所、区役所などの公務員
  • メガバンク、地方銀行などの金融機関
  • 専門商社や卸売業の営業職
  • IT・情報サービス業
  • アパレル・食品・ドラッグストアなどの小売チェーン

ココがスゴイ!心理学科

ココがスゴイ!心理学科

「実践的教養としての心理学」を少人数の体験教育で修得

「科学的な考え方」と「バランスのとれた人間観」からなる「実践的教養」としての心理学を、少人数の体験教育で教員と学生が緊密なコミュニケーションをとりながら身につけます。

体験教育を支える充実した実験・実習施設

視覚実験室、聴覚実験室、電気生理実験室、行動分析研究館などの実験施設や、箱庭療法実習室、プレイルーム、面接実習室などの実習施設があり、体験教育を支える施設が充実しています。

心理学を活かせるキャリアを実践的に支援

キャリア形成の専門教員による「心理学で拓くキャリア」という科目を実施。3年生の早い段階から就職活動に向けて、卒業生や企業の人事担当者によるアドバイスなど実践的な支援を行います。

大学院への進学で、心理専門職をめざせる

大学院に進学し「臨床心理士」受験資格を取得することで、心理学専門職としての活躍の場が広がります。「公認心理師」国家資格については、法律が施行され次第、資格取得に対応する予定です。

Student’s Voice

Student’s Voice

心理学を学ぶことで、子どもたちの笑顔を増やしたい。

いじめや虐待などのニュースが増える中、子どもたちの心の傷をどのようにケアするかということに興味をもったのが、心理学科入学のきっかけでした。授業で一番印象的だったのは、カウンセリングの授業。少人数のグループワークで、自分と他人の心理を理解するためのロールプレイ実践で傾聴の技法などを身につけることができました。将来は、ここで学んだことを活かして子どもの悩みや不安を取り除き、健やかな成長を支援する仕事に就ければと思っています。

  • 岡野 優莉菜さん 人文学部 心理学科 4年(取材当時)
  • 東京都立文京高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

専門演習(青年心理学ゼミ)

自分を知り、相手に関わる心の援助法を習得します。

専門演習(障害児心理学ゼミ)

障害児についての理解を深め、心理学的アプローチの重要性を学びます。