日本文化学科

  日本文化学科

日本文化の奥深い魅力を知り
世界に発信できる力も身につける

日本文化学科では、幅が広く奥の深い日本の文化を研究し、ときには外国文化と比べたり、世界に向けて発信したりすることを学びます。自国の独自の文化の魅力を再認識することで、深みのある人間形成も図ります。

卒業後の主な進路

  • 編集・印刷出版
  • 博物館学芸員
  • 公務員
  • 民間企業(営業・事務)
  • 中学校教諭(国語)
  • 高等学校教諭(国語)

ココがスゴイ!日本文化学科

ココがスゴイ!日本文化学科

日本文化に関する「幅広い学び」を提供

古典文学や近現代文学、日本語の研究、能楽や落語・講談といった伝統芸能、日本美術やアニメをはじめとする視覚文化、世界から見た日本文化など、多様な観点から日本文化を学べます。

文化・歴史を学べる充実した体験教育

1年生の必修授業「自立と体験2」では、競技カルタ、舞踏、能楽、講談、武道の体験やミュージカルを鑑賞。2年生以降はさまざまな文化・歴史を体験する研修旅行に参加することができます。

教員、学芸員、図書館司書の資格を取得

中学校、高等学校の国語教諭の免許を取得でき、毎年教員になる卒業生がいます。また、博物館・美術館で働く学芸員の資格や図書館司書・学校図書館司書の資格を取得することもできます。

「ことばの力を磨く」教育を実施

「日本語レベルアップ」という授業で、手紙やレポート、就職活動時のエントリーシートの書き方を指導。古文、漢文、文学などの「演習科目(ゼミ)」では、日本語で発表する力や書く力を磨きます。

Student’s Voice

Student’s Voice

伝統文化を体験することで、心の豊かさを伝えられる教師に。

日本の伝統芸能を学んだり、日本と外国の文化を比較したりすることで、自分の国のことを深く幅広く学べるのがこの学科の魅力です。また、能を鑑賞するだけでなく謡(うたい)と舞いを教わって自分の体で表現してみたり、落語や講談に挑戦したりする授業もあります。そうした体験は「深みのある人間」になるために役立つはずです。将来は国語の教師になることをめざしていますが、ここで身につけたことを糧に、心の豊かさのようなものを生徒に伝えていきたいと考えています。

  • 中谷 文子さん 人文学部 日本文化学科 3年(取材当時)
  • 東京都私立拓殖大学第一高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

日本語レベルアップ

日本文化の魅力を味わいながら、正確に伝える力も養成します。

身体表現文化1

日本古来の芸能を体験し、身体がもつ表現力を実感します。