教育学科 子ども臨床コース

  教育学科 子ども臨床コース

実践的な授業や現場体験を通じて
子どものスペシャリストを養成

急激に変化していく社会の中で、複雑化する子どもたちの成長環境。子ども臨床コースでは保育士資格と幼稚園の教員免許状、小学校の教員免許状の3つの資格・免許状の取得に取り組み、多様な視点から子どもと社会のしくみ、現場における援助法などを学びます。

卒業後の主な進路

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 児童福祉施設職員
  • など

Student’s Voice

Student’s Voice

ベテラン保育経験者の授業が多いので、座学にも実習にも説得力があります。

入学の決め手は、元保育士や元園長という経歴をもつ先生が多いことでした。実際、先生方の経験や事例に基づいた授業は、とてもわかりやすく説得力があります。子どもの気持ちになって物事を見つめ直す校外での授業では、何に注意すればいいか、どんな声をかけたらいいかなど、普段気づかない細かな点まで体感できました。他大学の友人と話しても、これほど体験を重視するところは少ないと聞きます。この貴重な経験を、保育の現場でもしっかり活かしていきたいです。

  • 戸津川 美希さん 教育学部 教育学科 子ども臨床コース 4年(取材当時)
  • 神奈川県立麻溝台高等学校出身

クローズアップ授業

クローズアップ授業

音楽実技1

発声の基礎とソルフェージュの基礎を習得することをめざします。

保育実習1

学外の保育所で実習を行い、保育現場の空気を肌で感じます。