CAMPUS LIFE REPORT

CAMPUS LIFE REPORT

オープンキャンパス

2018.08.08

【meiキャン―6th 】在学生が明星大学の魅力を伝えます~オープンキャンパスレポート編~

[8月5日] キャンパスツアー(先生になりたい人のためのツアー)

こんにちは!明星大学オープンキャンパススタッフの

教育学部 教育学科 子ども臨床コース3

日野直紀(ひのなおき)です!

本日(2018年8月5日)は多くの大学でオープンキャンパスが

開催されていました。

数ある中で明星大学にお越しいただいた方々、

本当にありがとうございました!

今回は参加できなかった方々、2018年826日(日)にも

開催しますのでぜひご参加ください!

≪2018年8月26日(日)のオープンキャンパス情報は↓↓から!≫

・オープンキャンパス情報

今回はオープンキャンパスの目玉の1つである

― キャンパスツアーについてご紹介

それではいってみましょう♪


  • そもそもキャンパスツアーって何?

明星大学オープンキャンパスの「キャンパスツアー」は、

・大学の施設を全体的に紹介する

「明星大学まるわかりツアー」

・教員免許取得を目指す学生が使う主に使う施設を紹介する

「先生になりたい人のためのツアー」

 この二つに分かれています。

予定時刻になると出発し、学生スタッフが

施設を案内してくれます。

学生スタッフが案内してくれるので、

実際に大学生活の中で施設を使っている様子を

聞くことができるのは魅力的かもしれません!

 

今回は「先生になりたい人のためのツアー」に参加してきました!

 

  • 内容に入る前に…

今回のツアーを案内してくれた学生スタッフをご紹介!

左:佐々木さん(教育学部教育学科 特別支援コース・2年)

右:石田さん(教育学部教育学科 子ども臨床コース・4年)

今回のツアーを案内してくれた学生スタッフは、

2人とも教育学部教育学科の学生でしたが、

明星大学では合計7つの学科で教員免許状を取得することができます!


・教職課程を取っている学生が普段使用する施設を案内

・学生スタッフや職員の方が、明星大学の魅力を生の声でお伝えする

この2つを重点とした、計40分のツアーです!

1.集合場所である28号館3F中央スペースから移動

2.教職センターに到着・職員の方による施設の紹介

3.模擬授業演習室へ案内・学生による教育学部の魅力

4.子ども臨床コース演習室へ案内・学生による紹介

5.ピアノ実習室へ案内・学生による実演

6.教職理科実験室の案内

7.特別支援校教諭演習室へ案内・学生による紹介

8.28号館3F中央スペースに戻り、解散

以上の流れに沿ってツアーは進んでいきます!

それでは「先生になりたい人のためのツアー」

スタートです!!


1.集合場所である28号館3F中央スペースから移動

→まずは教育学部が主に使っている11号館・19号館

目指します!

※施設の場所が分からない方は、こちらを参照ください ↓

明星大学キャンパスマップ

移動の最中には、「ポンテ」と呼ばれる部室棟や

教授の研究室、演習室の前を通りました。

学生スタッフによる施設の説明を交えながら、

進んでいきます。

 

11号館・19号館は目の前です!!

 

2.教職センターに到着・職員の方による施設の紹介

→ここで教職センターの職員の方にバトンタッチです。

※教職センターとは教員免許・取得希望者(約2,000人)の

学生に対して実習手続きや進路指導を行っている場所で、

 明星大学で教職免許の取得を目指す学生のサポート窓口です!

資料コーナーにご案内

参加した方々は興味津々でした!

3.模擬授業演習室へ案内・学生による教育学部の魅力

→小学校の教室をイメージしたこの場所では、

模擬授業で学生が使用したり、教職に関する

ガイダンスが行われたりします。

僕も大学に入り、初めてこの場所に来た時に

「細かいところまで忠実に再現されていてすごい!」

感じました。

こちらの施設は、普段教育学部の学生が主に使います。

案内役の学生スタッフが教育学部の学生でしたので、

教職センターの方から以下の質問がありました。

「明星大学の教職課程を取っていて、どんなことを感じていますか?」

 

― その質問に学生スタッフが答えました。

石田さん:『進路について親身になって相談に乗ってくれます。

先生の方々、そして共に励まし合う仲間たちがいます!』

 

佐々木さん:『現在(2年生)行っている教育インターンシップで

現場のようすを体感することができ、日々の授業により一層

力が入ります!』

レポーターである私、日野直紀も急遽参戦しました(笑)

 

私(日野):『総合大学だからこそ、他学部の学生との関わりが

あります。そして、色々な人の価値観に触れることが

教育を考える上でも、生かされています!』

このようにツアーの中では、学生の声が

たくさん聞けますよ!

 

4.子ども臨床コース演習室へ案内・学生による紹介

→この教室は保育園の保育室を再現していて、

たくさんのおもちゃや絵本があります。

普段の授業で「この教室をどのように使っているの?」

私と石田さんは子ども臨床コースに所属しています。

― この教室について紹介しました。

石田さん:『現在4年生でこの教室にある、おもちゃに

触れていたおかげで、インターンシップや実習などに

行った際、大いに役立ちました。』

 

私(日野):『手作り絵本を作成する授業で、たくさんの絵本が

あることにより、作成するにあたり参考にしました。』

赤ちゃんの人形が並んでいます(笑)

僕は2年生の時の授業で

この人形を使って沐浴の演習をしました!

 

5.ピアノ実習室へ案内・学生による実演

→この教室では、学生が自主的に練習することが

できます。

そして、この教室を利用するのにお金がかかりません!

ピアノが家にない方にも嬉しい教室となっています(笑)

小学校の教員を目指すにあたって自治体によっては

ピアノを採用試験で弾くところもあるみたいですよ~

保育士・幼稚園教諭だけがピアノを弾ければ良いという

ことではないみたいですね!

石田さんによるピアノの伴奏

実際に子どもたちに指導するように弾いてくれました!

 

6.教職理科実験室の案内

→この教室は小学校の理科室を再現しています。

私は使用したことがないのですが、実験器具が

豊富に取り揃えられているそうです!

なんと、この教室は地下にあります!

地下って聞くと凄い!と感じませんか?(笑)

 

7.特別支援校教諭演習室へ案内・学生による紹介

→この教室は特別支援学校の教室を再現しています。

肢体不自由、障害を持っている子どもが安心して

生活できるように様々な工夫がされているそうです。

特別支援コースに所属している佐々木さん

実際にこの教室を使って授業も行われるそうです。

 

― この教室でどんなことを学んだか聞いてみました。

佐々木さん:座学だけではなく、教室にある

(目に見える)ものを通して実際に体験しながら、

学ぶことがすごく多いです。良い学びになっています。

 

8.28号館3F中央スペースに戻り、解散

→あっという間の40分間でした。

集合した場所に戻り、解散となりました。

受験生、保護者のみなさん

良い時間を過ごすことができたのではないでしょうか?


◇まとめ◇

ツアーに参加すると施設を回ることができるだけでなく、

案内してくれる学生スタッフと話せるのは

魅力的だと思いました!

施設を回りながら、学生スタッフに

「ここでどんなことをしていますか?」と

すぐに質問できるのは良いですね!

みなさんの大学生活の過ごし方について

イメージが膨らむのではないでしょうか?


◇おすすめポイント◇

今回は、参加した受験生の方その保護者の方

2人の声を紹介したいと思います!

― ツアーに参加してみての感想をお願いします。

女子高校生 小学校の先生を目指していますが、

子ども臨床コースと特別支援コースの教室を見て

「同じ教育学部だけど、こんなにも違うんだ」と

知ることができて良かったです。

モチベーションが上がりました。

 一緒に参加していたお父さん学生スタッフのみなさんの

熱い気持ちが伝わってきました。

みなさん「良いキャンパスライフを送っているな」と

いう印象を受けました。


◇最後に参加したスタッフから一言◇

教職免許を取りたいと考えている方は、

ぜひ参加してみてください!!

 

参加した受験生の方の声にもありましたが、

モチベーションが上がること間違いなしです!!


<次回のオープンキャンパス>

2018年8月26日(日)10:00~14:30(9:30受付開始)詳細はこちら

学生スタッフ大集合!

「4年生の先輩方と一緒にオープンキャンパスを運営できるのもあと1回です(涙)」

↓学生スタッフの当日の様子が分かる紹介動画です!ぜみ見てください!

 

 

それでは、みなさんオープンキャンパスで

お会いしましょう!

教育学部 教育学科 子ども臨床コース3年 日野直紀

でした!


<アドミッションセンター注釈>
※教職課程認定申請中(法改正に伴う再課程認定)ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。